こんにちは、タニーです。最近仕事でパソコンを持って出張に行く機会が増えてきました。もともと手提げと肩掛けの2WAYバッグを持っていたのですが、パソコンを入れて持ち運ぶのは片方の肩に負担が掛かり、しんどくなってきました。

肩掛けで使うと肩は痛くなるしスーツはぐちゃぐちゃになるし、良いことないですよね。だからといって手提げで持っていても片手に負担が掛かることは変わらないので、肩が痛くなることには変わりがありません。

正直、ぼくはスーツを着てリュックを背負うというスタイルが好きではありません。荷物をたくさん入れなければならない営業の人はリュック派が多いようですが、カッコ悪いと感じてしまいます。

それでも2WAYバッグではぼくの体に限界が来ていたため、スーツでも許せるリュックを探していました。そんな時、普段は手持ちのビジネスバッグのスタイルで、必要なときに背負うことの出来るバッグに出会いました。

そこで、新しく買った3WAYバッグがあまりにも快適だったので、それを紹介したいと思います。

買ったバッグはこちらです。このバッグはブリーフケース(手持ち)、ショルダーバッグ(肩掛け)、バックパック(背負い)の3通り使い分けることが出来ます。。

収納可能な肩紐のおかげでビジネスバッグとしても最高

僕の思いとしては、普段は客先でも違和感のないビジネスバッグとしてブリーフケースまたはショルダーバッグで使用して、移動時にのみバックパックとして機能するカバンを探していました。

更にバックパックの肩紐は普段は目立たず、必要なときに簡単に着脱出来ればもっと良いと思っていました。

このカバンはまさに理想通り

肩紐を収納してもかさ張る印象がなくスリムなシルエットのままです。更に、肩紐は収納から取り出してカラビナフックを引っ掛けるだけです。

ちなみにカラビナフックとは下の写真のようなものです。

更に嬉しいことに、ノートパソコンを入れた後に動かなくするためのマジックテープが付いています。そのため、パソコンがカバンの中で動き回るなんてこともなく、スムーズに運ぶことが出来ます。

<p>お客さんのところへ移動する際はバックパックとして使い、近づいたら肩紐をしまってブリーフケースとして使うことができるため非常に使いやすいです。

安っぽさを感じさせない最高の3WAYバッグ

大抵の3WAYバッグって黒いカバンで薄いナイロンのカバンが多くないですか?薄いナイロンっていかにもビジネスバッグって感じがして、安物って印象を感じます。

実際の値段は高いのかもしれませんが、いかにも安物のように見えてみんな使っているような感じのカバンは避けたいと思っていました。

その点、このカバンは安っぽさを一切感じさせません。上品なビジネスバッグの様相を保ちながら背負うことの出来る素晴らしいデザインです。

黒色はもちろん良い感じでしたが、ぼくはネイビーを買いました。明るすぎない落ち着いた青い色が更に高級感を醸し出しています。

薄いのにたくさん荷物が入る不思議

このカバンの厚みは9cmとビジネスバッグには最適な厚みです。厚みがあって多機能のバッグも良いのですが、バッグの重さに繋がります。

もともと重いカバンを2WAYで持ち過ぎた結果、体にガタが出始めていたぼくとしては、なるべく軽いカバンの方が有り難かったのです。

以前使っていたカバンは形がしっかり決まっていて、カバン自体がほとんど変形しないようなものでした。そのため、荷物が多くなったときにつめるのが大変でした。

その点、このカバンはある程度生地が柔らかいため多少荷物を詰めても良い感じに変形してくれて、意外とつめることが出来ます。

また、スマートスリーブというスーツケースのハンドルにカバンを固定できる装備も付いています。そのため、泊まりの出張が多いサラリーマンでも簡単にカバンを持ち運びすることが出来ます。

まとめ

ビジネスバッグを買うときはきっと安物を買って何度も買い換えるか、高いものを買ってあまり買い換えないかの二択になると思います。

これは完全に好みになるでしょう。ぼくの場合、安物を買って肩や腰が痛くなるという経験を何度かしたため、しっかりと設計されたものを買うようにしています。

今回のサムソナイトのバッグは完璧でした。パソコンを入れた状態で背負っても変に重さを感じません。安物を買うと荷物の重さ以上に重く感じることもあるのですが、これは逆に軽く感じます。

あなたも是非失敗しないカバン探しをして下さい。

スポンサーリンク