こんにちは、タニーです。仕事や家事、プライベートを完璧にこなしていく人って憧れますよね。完璧にこなす事は出来なくても、あれもこれもバリバリ終わらせて充実した生活を送ることを夢見るのはぼくだけではないはずです。

そんな生活をするには一体どうしたらいいのでしょう。人はパソコンとは違い、複数のことを同時に行うことなんて出来ません。仕事をしながら料理をすることなんて出来ませんし、寝ながら子育てをすることも出来ません。

そのためにはまずはマルチワークに慣れる必要があります。マルチワークって要は複数の仕事を行うことです。簡単に言ってしまえば、本業の他に副業しましょうって話です。

これはやまもとりゅうけんさんのブログを読んだ時に強く感じました。鋭い意見を言うことで定評のあるりゅうけんさんです。下の記事もきっと反発を覚える人もいるかもしれませんが、ぼくは納得しました。

結局、一つのことを忙しい、忙しいって言ってダラダラ行なっているとそれしか出来なくなります。ぼくも含めて人はびっくりするくらい簡単に怠けるんですよね。楽な環境に慣れてしまうと、そこから抜け出す事は至難の技です。

でもそこから抜け出すことのメリットはお釣りがくるほどあるはずです。何がどう変わるのかについてまとめてみました。

全ての効率が良くなる

最も分かりやすいメリットは、複数のことが出来ることによって全体の効率が上がることです。さきほどのりゅうけんさんのブログにもこのようにあります。

子育てって、仕事が一つ増えるような感覚です。世間一般の正社員として働きながら子育てしてる人は、突然ダブルワークになって生活環境がガラッと変わるからしんどいんです。

ところが、僕みたいに元々仕事を3つ4つやってたような人間は、そこに仕事が1つ増えたくらいで大した精神的負担感はないんですよ。なんなら、仕事を1つ減らして子育てに置き換えてもいいですしね。

ダブルワークでしんどいのってやっぱり効率が悪いことを当たり前のように行なっているからです。同じことを行なってもすぐに出来る人となかなか出来ない人がいると思います。

ぼくも子供の朝食の準備をするのに時間がかかります。まずお湯を沸かしながらぼーっとして、バナナを切ってぼーっとして、汁物温めてぼーっとしています。テキパキやれば5分で出来るようなことを、15分くらいかけて行なっています。

これは他にやる事がないから一つのことをダラダラ行なっている典型的な例ですよね。さっと準備して余った時間にブログの記事を書けばそれだけで効率が上がります。

マルチワークに必要な能力の一つに効率良く進めていくというものがあります。いかに無駄をなくして効率を上げていくか、それを出来るようにするには自分を客観的に見ないといけません。

天の声天の声

さらに効率よく動くには別のスキルが必要だけどな

タイムマネジメントが上手くなる

効率化にもつながりますが、マルチワークを行うためにはタイムマネジメントすなわち時間管理が必須です。複数のことを同時に行うことの出来る人なんてほとんどいません。

必要なのは24時間という時間の中でどのように仕事を行なっていくかが重要になってきます。さきほどのぼくの例のように3倍の時間をかけてダラダラ過ごしていては何も終わりません。

限られた時間の中で複数の仕事をどのように効率よく行なっていくのか、それを考えていくだけでタイムマネジメントの感覚が身につくと思っています。

これだけだったら会社の業務を複数受け持てばいいだけだ、という意見もありますがぼくはそうは思いません。会社の仕事だけだったら残業すれば良いと考えがちになります。

複数の仕事であれば、会社は定時に終わって、別の仕事を残りの時間でどう行なっていくのかという考えを持たないと成り立ちません。そのため、マルチワークを行うことが必要となってきます。

悩む時間が減る

効率よく行うことを妨害する要因の一つに、「どうしたら良いのか悩む」というものが挙げられます。マルチワークを行うのは良いのですが、悩んでしまうと時間だけがどんどん過ぎて行きます。そのため、悩む時間を極力減らす必要が出てきます。

悩みやすいからマルチワークが出来ない!という考えを持っていると一生できません。逆説的に考えて、マルチワークを行うから悩む時間を減らそう!という考えで行なっていく必要があります。

じゃあ具体的にどのように行なったら良いのでしょうか。

ぼくはゼロ秒思考という考えが解決策になると考えています。ゼロ秒思考は下マッキンゼーの赤羽さんという方の考えです。この具体的な内容は以下の記事でも紹介しています。

まとめ

マルチワークを始めるのはとても大変です。実はぼくもまだ完璧に出来るとは言えません。それでも、理想の未来のためにこのマルチワークを始めています。

これから色々壁にぶつかることが想定されますので、その都度情報を共有して行きたいと思います。

スポンサーリンク