こんにちは、タニーです。ぼくは昔からすぐにイライラしてしまう性格です。特に自分にとって都合の悪いことになると、イライラが急激に出て、落ち着くまでに時間がかかります。

病院に行ったことが無いので正確なところは分かりませんが、おそらくADHDなんじゃないのかなと自分では思っています。激しいイライラに襲われると一瞬自分のコントロールが効かなくなります。

学生の頃はアパートの壁を殴って陥没させてしまう、なんてこともありました。カッとなった瞬間にそのストレスを発散しないと気が済まなくなり、気付いたら壁が凹むん出たんですよね。

今でもちょくちょくなります。特に電車の中はやばいです。このハゲ殴ったろか!と思うことがあります。本当に鬱陶しいハゲたおっさんが多くて不愉快です。

ただ、いくら腹がたつと言ってもいきなり殴りかかったらその時点で傷害罪になりますので、殴るわけにもいきません。そうなると我慢しないといけないと考えて余計にストレスが溜まります。

溜まったストレスが自然に抜ける人であれば良いのですが、残念ながらぼくはなかなかストレスが抜けない性格のようです。さらに過去のことをいつまでも引っ張って、余計にストレスを感じてしまいます。

天の声天の声

損な性格してるよな

腹が立つからといって家から出ないわけにもいきません。そこで、ぼくが実践して効果を感じた方法を紹介したいと思います。

それは「セドナメソッド」という方法です。

負の感情を解放するという考え方

ストレスなどの負の感情を溜めておくと、それによって精神的な負担が大きくなります。人は知らず知らずのうちにそのストレスを溜め続けてしまうのです。

そんな状況を打開するために、自分に問いかけを行うことで負の感情を解放、つまり手放していこうという考えのもと書かれた本です。

この本はよく引き寄せの法則と共に紹介されるため、なんだか胡散臭く感じてしまう人もいるのではないでしょうか。でも、実際は引き寄せの法則とは無縁の内容です。

むしろ、何かを欲するような感情は良くないというスタンスで書かれています。強引に仏教用語で例えると、心頭滅却が近いのではないでしょうか。悪い感情はもちろん、良い感情も解放することで自分をさらに高められます。