こんにちは、タニーです。LogicoolのFLOWを使うためにK375sを購入しましたが、予想以上に便利でした。FLOW自体も凄いんですけど、このK375sはぼくの中でワイヤレスキーボードの概念を大きく変えてくれました。

正直これを使うと過去に使っていたキーボードには戻れません。いや、マジです。

ちなみにこの記事もiPhoneでK375sを使いながら書いています。それではこのキーボードの凄いところを紹介していきたいと思います。

K370sとK375sの違い

ぼくはこの違いを見つけるのにめちゃくちゃ時間がかかりました。

天の声天の声

ホームページに乗っていたけどな

一言で言えば、キーボードの色の違いだけです。ぼくが購入したのはK375sでしたので、下の写真のようにF1からF3が濃いグレーになっています。また、付属のスタンドも同様に濃いグレーになっています。

これがK370sだと白色です。他は何も変わりません。もし型番の違いで何か機能が違うんじゃないかと悩んでいるあなたは安心してください。

ちなみにホームページでは、K370s/K375sのページの一番下にある「仕様および詳細」に記載されています。

1つのキーボードで複数デバイスの利用が可能

このキーボードの最大の特徴はやはりEasy-Switchという、1つのキーボードで3つのデバイスが利用可能な点です。さらに以下のシステムであれば利用可能です。

  • Windows
  • Mac OS X
  • Android
  • iOS
  • Chrome OS

Linuxは使えないのにChrome OSは使えるという謎仕様です。でも実際はサポート対象外でならLinuxでも使用できるようですね。ぼくはLinuxを使わないのでよく分かりませんが……

ぼくの場合、Windows PCを2台、iPhoneを1台繋いで使っています。Windows PCはFLOWを利用して使用しているため、iPhoneを3台目のデバイスとして使用しています。

登録方法はいたってシンプルです。キーボードで色の違うキーがデバイス登録用およびデバイス切り替えようのキーです。まず登録は、登録用キーを3秒程長押しします。

iPhoneの場合は「設定」→「Bluetooth」でBluetooth設定をONにして表示される「Keyboard 370/375」をタップします。

そうするとiPhone上に「Bluetoothペアリングの要求」というメッセージが表示されますので、そこに書かれているコードをキーボードから入力するだけです。

コードを入力してenterキーを押せば設定は完了です。あとは使いたいときにキーボードの所定の切り替えキーを押すだけでデバイス間を自由に行き来できます。

このキーボードの残念な点

デバイス間を自由に行き来できる優れたワイヤレスキーボードですが、何点か残念なところがあります。

まず、取扱説明書があまりにも使えない点です。取説は下の写真のたった一枚のみ。しかも文字がほとんどありません。

確かに、Easy-Switchの登録方法は大事かもしれませんが、もっとこうキーの説明とか欲しいですよね。その辺はサイトにアクセスするしかありません。

以下のリンクからK370s/K375sの取扱説明書を見ることができます。

K370s/K375s説明書

もう一点が、デバイス間のコピー&ペーストが使えないことです。

ちなみに、FLOWを利用すればデバイス間の文字列やファイルなどのコピー&ペーストまで利用することができますが、このEasy-Switchではコピペを使うことができません。

iPhoneでキーボードを使う方法

キーボードにiPhoneを登録してみたものの、iPhoneのアプリをキーボードから直接開くことってできないんですよね……最初はめちゃくちゃ便利じゃんと思ったのですが、簡単にアプリを開くことができないと辛いものです。

タッチパネルでカーソルの存在しないデバイスをどうキーボードで操作するつもりだったんだと聞かれると困るところではあるんですけどね。

そうは言っても、意外と簡単にアプリを使うことが出来ました。それは、「fn」キー+「home」キーで検索画面を出した後、起動したいアプリ名を入力してenterキーを押すというものです。

これを使うことによって簡単にアプリを切り替えることができます。

また、キーボード入力中はアプリにキー画面が表示されませんので画面を大きく使うことができます。メモ帳やメモアプリを使用する場合はかなり利点ですね。

まとめ

ぼくにとってはキーボードなんて有線かワイヤレスかの違いくらいしかないと思っていましたが、今時のキーボードはめちゃくちゃ進化しています。

ぼくの想像を超えて新しいことができるようになっていますので、この新しい製品を使うことによってどんどん暮らしが楽になっていくような気がします。

タッチパネルとキーボードを両方駆使するとiPhoneの操作も想像を超えて楽にできることがわかりました。

スポンサーリンク