こんにちは、タニーです。2016年に1人目の子供が生まれて、これまでの生活が激変しました。周りに聞いてもやはり子供が出来ると生活スタイルが一変するみたいですね。

我が家も例に漏れず家事に子育てに追われて慌ただしい生活を送っています。

特に家事に関して、掃除洗濯食事の用意などサボろうと思えばサボれるところもあるのですが、やはり子供が生活する環境だと埃まみれにするわけにいかず、また子供が食べるものを出来合いやレトルトにすることに抵抗を感じることも多くあるのではないでしょうか。

そこで、やはり解決するには器具を揃えることが1番近道です。

ストレス溜めながら作業していても体に悪いですし、何よりイライラしていると敏感な子供にも伝わります

そこで我が家で導入してめちゃくちゃ楽になったものを紹介していきます。

これで空いた時間を子供とのふれあいに回せば、全てうまく回りますよ。

生活全般

Amazonファミリー

Amazonを使うメリットは何より、家まで配送してくれるのが地味にありがたいですよね。重い荷物やかさばるオムツを持って買い物から帰る必要がないことが何より魅力です。

ちなみにAmazonファミリーとはAmazonが展開する子供のいる家庭向けに行なっているサービスです。一言で言えば、おむつなどが割引価格で買える上、送料もタダになるというめちゃくちゃ良いサービスです。

例えばオムツやお尻ふきが最大15%オフで買えたり、Amazonプライム・ビデオが観れたりする特典が付いてきます。

具体的に言えばAmazonプライムとAmazonファミリーに登録することによってこれらが可能となります。

Amazonプライム会の年会費3900円が掛かりますが、Amazonファミリーに入ると3900円分のクーポンを貰えるため実質1年目は年会費無料になります。

さらに最初の30日はお試し期間がありますので、もしあなたがまだ試していないのなら一度試すことをお勧めします。

Amazonファミリーへの登録はこちら

食事

出汁

子供に食べさせるものとなると、粉末タイプの出汁ではちょっと心配ですよね。

できればちゃんと昆布や鰹節から出汁を取りたいところですが、出汁を取る手順や出涸らしをどう処分しようなどといった手間を考えるとついつい楽な方法を選びたくなります。

そんな時、水に入れて数分、その後沸騰させれば美味し出汁の取れるものがあれば使ってみたくないですか?

沸騰させるのも面倒くさいというあなたでも大丈夫!このパックを15分くらいお湯に入れておくだけで十分良い出汁がでます。

例えばかぼちゃの煮物を作るとき、水にこのパックを入れてあとはかぼちゃの下準備をしていれば、出汁が完成です。

その出汁の中にかぼちゃを入れて火にかければ簡単に煮物が出来上がりです。また、パックに残った出涸らしは豆腐などにかけて食べれば処分の手間も不要です。

ブレンダー

料理にレパートリーを持たせるならこれ!

野菜スープを作れば良いのですが、子供の好き嫌いはいつ始まるのか読めません。

ある日突然、人参が食べたくないと言い出した我が子です(厳密には人参をのせたスプーンを近づけても口を開けなくなりました)。

味というよりも見た目で食べたくないという感じです。

そんな時、このブレンダーを使ってポタージュにすればバクバク食べてくれます。

わざわざミキサーを出すのも手間ですが、ブレンダーなら野菜を煮込んだ鍋の中にブレンダーを入れて細かくするだけ。

洗う手間も簡単です。ちなみに買うならコード付きがおススメです。コードレスは取り回しが楽ですが、パワーやバッテリー残量がネックです。

圧力鍋

煮込み料理の手間が圧倒的に短縮されます。

子供の世話をしながら時間のかかる煮込み料理はなかなか難しいものです。

カレーを作ろうと思いたっても、グズった子供をあやしたり散歩に連れていくとなかなかまとまった時間が取れません。

でも圧力鍋なら鍋を火にかける時間は30分以下。加圧して15分したら火を止めておしまいです。

子供の昼寝中に全てが終わる優れものです。

掃除

掃除機

子供を抱えての掃除機はとても大変ですよね。ぼくは子供をおんぶしながら掃除機をかけますが、10キロくらいの子供を背負うのはなかなか辛いものです。

もともと腰痛持ちということもあり、ただかけるだけなら何とかなりますが、床に落ちているものを拾ったり動かしたりすると腰にきます。

そこで、今更ですがこのルンバの登場です。

子供が普段生活することの多いリビングだけでもルンバで掃除をしておくととても楽になります。

ただ、掃除する時間帯ってなかなか気を使いますよね。さすがに夜中の運転は避けた方がトラブル回避になりますよ。

モップ

子供が歩き回るようになってからルンバでは到底追いつきません……

やはり廊下や階段、洗面所など段差のあるところやものが色々置いてある場所はルンバの働ける場所ではありません。

ということでモップを導入したところ、狭い場所や隙間などにかなり効果的です。

リビングはルンバ、よく使う廊下や部屋などはモップ、土日でその他を掃除機と使い分けていますが、掃除のストレスがめちゃくちゃ軽減しました。

洗濯

洗濯機

洗濯が終わるのを待って洗濯物を干すという作業は当たり前のように感じますが、実は相当ストレスになります。

当たり前過ぎてストレスと感じないところが事実です。ここから解放されるといかにストレスを感じていたのかということを実感できます。

そこから解放してくれるのが、ドラム式洗濯機です。

我が家では最初、ドラム式洗濯機は使わずにいました。あまり乾燥機を使うことにメリットを感じていなかったからです。

でもこの洗濯物を干すという作業が地味に苦痛に感じ始めました。やっぱり値段の問題もありますので、導入には躊躇していたわけです。

でも、思い切って買ってみると思った以上に生活が楽になりました。

寒い冬も雨の日も辛い思いをしないで良いというのは遥かに生活を豊かにしてくれますよ。

ドラム式洗濯機を買う場合は左開きか右開きかをよく確認しましょう。洗面台との兼ね合いで、どちらか一方しか開かないという事も多々ありますよ。

まとめ

時間とコストは反比例します。コストをかければ時間を減らすことが可能です。

もちろん、時間をかければコストを抑えることが出来ますが、そこには精神的、肉体的な疲労も積み重なってきます。

それがだんだん体力ややる気を削っていきますので、多少コストを掛けてでも楽をすべきというのがぼくの考えです。

他にも良いものがあればどんどん追加していきますよ。

スポンサーリンク