こんにちは、タニーです。我が家は狭小三階建の建売住宅です。最近都心近郊で多く建てられているタイプの住宅ですね。一階が半分車庫になったビルトイン住宅です。

ビルトイン住宅って聞くとめちゃくちゃ凄いガレージ付きの家を思い浮かべるかもしれませんがそんな家ではなく、駐車場確保のために一階部分の半分以上を駐車場スペースにしたタイプの家です。

特に建売ということもあり、住んでみると色々必要なものが出てきました。そこで、これ買って生活が楽になったというものを紹介していきます。

大物

エアコン

定番すぎて今更かもしれませんが、特に三階建ての三階には必須です。なぜなら、三階建ては屋根の三角部分が無いまたは非常に狭く、二階建てに比べて最上階がめちゃくちゃ熱くなります。暑いを超えて熱いです。

大抵三階建てにすると三階が寝室になるかと思いますが、夏場は寝ていられないくらい暑くなります。

そこで、夕方5時頃からタイマーでエアコンをつけて、日が暮れる頃に部屋を冷やすことで夜寝られるようにする工夫が必要です。

ベランダ用屋根

大抵の建売の場合、三階部分のベランダには屋根が付いていません。そのため、雨が降るとベランダが水浸しになります。

これで困る時というのは、雨が降ってきた時洗濯物がずぶ濡れになることです。

もし布団を干していたら最悪ですよね。そんな時、屋根があればどうでしょうか。

布団を干し続ける為ではなく、突発の雨でも取り込むまでに濡れずに済むというめちゃくちゃありがたいメリットがあります。

また、屋根の材質によっては紫外線と熱をカットできますので、夏場にベランダが熱くなりすぎないという効果もあります。

実際、我が家にもベランダ用屋根を設置しましたが、この洗濯物とベランダの熱の恩恵は計り知れません。

ちなみにこのベランダ用屋根の設置は工務店に頼みました。ググってみるとDIYでもできるみたいですが、よっぽどの自信がない限りお勧めできません。

中物

ガスファンヒーター

リビングなどにガスの元栓が付いている家庭にはこれがまじでおススメです。最近の建売にはかなりの頻度で付いているみたいですね。

スイッチを入れた瞬間から部屋が暖まります。これは大げさに言っているわけではなく、実際にそう感じます。

灯油ファンヒーターよりも暖まるのが早いというのが実感です。それに灯油の管理も不要ですし、灯油を足すという手間もかかりません。

また、エアコンに比べて乾燥しにくいというのが実感です。やはりガスを燃やしていますので、水分が出るのでしょう。

エアコンをつけると加湿器があっても加湿が追いつきませんが、このガスファンヒーターであればそんなことはありません。部屋の湿度と温度を最適にすることが出来ます。

ちなみに都市ガス用、プロパンガス用の違いや都市ガスでもガスの種類がありますので、購入の際はお住いの状況をご確認下さい。

詳しくはこちら。
* 東京ガス : ガスご利用ガイド / 都市ガスの種類・熱量・圧力・成分

加湿器

乾燥する部屋を加湿したいのであればこれです。見た目は電気ポットです。注ぎ口さえあればそのまま電気ポットとして使えそうなデザイン。

オシャレ感は皆無ですが、水を沸騰させて加湿するので加湿力と清潔さは抜群です。カビを撒き散らす心配がないので、小さなお子さんがいても安心して使えますよ。

スチールラック

狭小三階建の場合、洗面所などの収納が少ないのが悩みですよね。そこで、洗濯機の上を有効活用しない手はありません。

でも洗濯機用の棚って高さが合わなかったり、どれも安っぽく感じたりして買うのを躊躇することありませんか?

そんな時、スチールラックを使えば、自由に高さを変えられて見た目もクールに決まります。

数あるメーカーの中でお勧めはERECTAのラックです。オプションがかなりあり、洗面所やキッチンで使えるような小物がたくさん揃っています。

しかも見た目も高級感があり、機能も見た目も文句のつけようがありません。

小物

階段用床置き照明

我が家だけかも知れませんが、階段の照明が少なく明かりが届かずに暗い場所があります。

別に問題なく階段の上り下りはできるんですけども、なんだか暗い気分になってしまう、そんな場合に活躍しているのがこの照明です。

床に置けて電池で光るので工事が不要です。

なんだか暗いなと感じたら置いてみてはどうでしょうか。

まとめ

家は住んでみるまで何が必要になるか分かりません。でも必要になってから買い足しても十分間に合います

エアコン以外は全て後から買い足しましたが、設置や機能に十分満足しています。やはり、暮らしてみてから買うと、思っていたのと違うなんてことにはなり難いです。

小物に関してはもっと色々買っているはずですし、この先良いものが見つかるかも知れません。

その時は随時アップデートしていきます。

スポンサーリンク