こんにちは、タニーです。先日会社の仕事の関係で海外に行ってきました。外資系企業に勤めていますが、ほとんど海外出張のない仕事に就いているぼくは海外に行った経験がほとんどありません。

もともと行動することが苦手なぼくは、プライベートでも海外旅行を選ばないほどです。そのため何を準備して良いのかも分からず右往左往していました。

そこでこれだけは必要だと思うことをまとめました。

国にもよりますがとにかくパスポートと現金、クレジットカードさえあれば何とかなります。それだけは死守するような準備と他にあった方が良いものを紹介します。

とにかく防犯対策!ネックポーチのパスポートケースは必須

パスポートと現金、クレジットカード全てを守ることの出来る最強のアイテムです。特にオススメなものはこの首から下げるタイプです。

海外で怖いのはなんといってもスリです。カバンに入れていてもカバンごと盗まれることはもちろん、カバンを開けて財布だけ持っていかれるなんてこともあります。

そのため、これを使って首から下げて、さらに服の中に入れておけば安全です。さらに、これはかさばらないため外から見てもこのポーチを持っているかどうかすぐには分かりません。

絶対に無くしたくないパスポートやクレジットカードを入れて安心して街を観光しましょう。

ただし、これに全ての現金とクレジットカードを入れておくのは危険です。なぜならこのポーチから現金を出して買い物をしているとレジで隙だらけになったり、ポーチをなくした場合、どうにも出来なくなるからです。

そこで、買い物用の小銭入れを持ち歩くことをお勧めします。小銭入れにお札を一枚ずつ折って入れておけば、すぐに使うことが出来ますよ。

防犯対策に複数の財布を用意!オススメはコインケース

本命の財布はネックポーチですので、街中を歩くときは別の財布が必要です。当然ですが、長財布なんて持ち歩いたらスってくださいと言っているようなものなので、小さい財布がおススメです。

この財布は特に、ポケットの中に入れても入っているかどうか分からないくらい小さいサイズが最高です。スリから見て、どこに財布があるのか分からない方がスられにくい印象です。

俺の財布はウォレットチェーン付いてるからわざわざ小さい財布を使う意味なんてない!

もしかしたらあなたはこう思うかもしれません。でも、友達はウォレットチェーン付きの財布から現金だけを盗まれたと言っていました。

ウォレットチェーンがあると、どこに財布があるのかスリに教えているのと同じです。スリからしてみれば、財布を探す手間が省けるので格好の餌食になってしまいます。

これがないと電気が使えない!電源プラグ変換アダプタ

海外で忘れてはいけないことと言えば、電源プラグの形が日本と違うことです。これを忘れていると、旅行に行ってもスマホやデジカメのバッテリーが切れて写真が撮れなかった!という事態になってしまいます。

ぼくは仕事で出張に行きましたので、パソコンの電源が使えないのは死活問題です。バッテリーだけで何しに来たんだ!と怒られてしまいます。

今回紹介しているものは、世界中で使えるものです。その分割高になっています。もし1つの国にしか行かないのであれば、その国にのみ対応している変換アダプタを買えば充分でしょう。

でも、今後色々な国に行ってみたいと思っているならこの複数の国に対応しているものを買っておくべきです。フランスに行ったついでにイギリスにも行ってみるか、なんて安易な気持ちで行くと変換アダプタが使えなくて詰んでしまいます。

1つ注意しておきたいことは、変換アダプタは電源プラグを変換するだけで電圧を変えることが出来ないという点です。

そのため、コンセントに挿したいものの電圧の適応範囲を確認しておく必要があります。今時のパソコンやスマホのアダプタなら問題ないと思います。でも、純正品でない場合は注意が必要です。

スーツケースの紛失対策!スーツケースの目印

続いて必要なものだと感じたのが、スーツケースの目印です。街中でもステッカーが大量に貼られたスーツケースを持っている人いますよね。

大量に貼らなくても自分のものだと分かる目印が必要です。

荷物のトラブルと言えばロストバゲッジが一番に思い浮かびますが、誰かが間違えて荷物を持って行く、または故意に持って行くこともあり得ます。

スーツケースって形も色もある程度パターン化しているので誰かと一緒のものになるという確率が高いです。さらに、奇抜な色のものを買っていても、万が一全く同じものを買った人がいたらその人が確認もせずに持っていくかもしれません。

そこで、オンリーワンの目印が必要となるのです。上の商品は実際にぼくが買って使っていたものです。最初はAmazonで買ったものなので誰かと被るかもしれないと考えていました。

でも、行き帰りの荷物受け取りの時に同じスーツケースベルトを使っている人はいませんでした。そのため、これはオススメです。

中にはTSAロック付きのものもありました。でもスーツケースにTSAロックが付いて入ればわざわざTSAロック付きのベルトを買う意味がありません。無駄に鍵が増えて面倒ですからね。

もっと簡単に済ませたい!というあなたにオススメの方法は養生テープをスーツケースに貼り付けることです。大きくバッテンを付けておけば、間違いなく目立つ上に他の人と被ることもありません。

もし被ってしまっても大丈夫!養生テープなら自由に目印を作り変えることが出来ます。多少恥ずかしいという気持ちさえ捨てれば最強の目印です。

街中でもストレスなくインターネットを使うためにはポケットWiFi

スマホを持っていってもモバイルデータ通信を行うわけにはいきません。使ってしまうと後で高額な利用料を請求されることがあります。

ホテルにいればホテルのWiFiを利用することもできますが、街中でもインターネットを使いたい!という場合にはポケットWiFiを持っていくと便利です。

これは海外旅行専用のポケットWiFiです。ぼくの経験上、通信速度は日本での4Gより遅いものの問題なく使えます。特に大容量の動画やデータ転送をしない限りストレスなく使えます。

オススメはイモトのWiFiです。海外用ポケットWiFiでは最大手です。国内の主要な国際空港にはポケットWiFiの返却窓口もあるのが嬉しいですよね。

海外から帰ってきて家に帰って返却手続きなんて面倒なことは不要です。空港で返却すれば楽しい気分で家に帰れますね。

登録はこちらから。
https://www.imotonowifi.jp/

あると安心のガイドブック

必須ではありませんが、持っていて損はないものがガイドブックです。観光名所が載っていることはもちろん、現地で役に立つ質問集も載っています。

問題ないときは良いのですが、急に具合が悪くなったとき現地の言葉が話せないと何も出来ません。ガイドブックがあれば、自分に当てはまる箇所を指差すことで相手に自分の意図を伝えることが可能です。

もちろんスマホでも良いのですが、いざという時に電池が少ないとか、アプリを開くのに手間取る、苦しんでいるときに誰かに盗まれるというリスクを考えると、ガイドブックが確実ではないでしょうか。

意外と役に立つ圧縮袋

この辺りから必須ではなく便利グッズの紹介になっていきます。まずは衣類の圧縮袋です。

ぼくはこれを持って行かずに苦労しました。それはお土産を買って帰りの支度をしていた時のことです。

明らかにスーツケースに入りきらないくらいのものを買ってしまったのです。ホテルに戻ってお土産をスーツケースに詰めようとして手詰まりになりました。

明らかに入らない……

出張で4泊しているため、ワイシャツや寝間着などの荷物もかさ張ってスーツケースのキャパシティをはるかに超えているのです。ここで圧縮袋があれば……と何度も思いながらお土産を無理やり詰め込みました。

それでも全部は入りません。結局、ヨレヨレでそろそろ変えようと思っていた寝間着など現地で捨てることによって何とか入れることが出来ました。

仕事の場合、ワイシャツを圧縮袋に入れて持って行くとシワが付くので圧縮袋に入れないという方もいるかもしれません。でも、帰りにお土産を買うことを考えると、着終わったシャツを入れる圧縮袋はあった方が良いです。

小物をまとめるためには必須のスライダーバッグ

口の閉まるスライダー付きビニールバッグです。小物を入れるのに最適でした。Amazonでも買えますが、100均に行けば送料無料で買うことが出来ます。

ぼくはこれを持って行って大正解でした。歯ブラシなどの濡れたものを入れるのはもちろんのこと、カバンの中がごちゃごちゃになりやすいパソコンの電源アダプタやマウスを入れたりもしていました。

とにかく小物は全てこれに入れておけばなくなる心配がありません

また、お土産で液漏れの危険性のあるものもスライダーバッグに入れておけば安心です。今回お土産の1つでシャンプーを買って帰りましたが、無事液漏れしていました。でもバッグに入れておいたおかげでバッグから漏れることなく切り抜けられました。

まとめ

初めての海外となると気になるのは防犯対策ですよね。ぼくもスリに合わないかドキドキしていました。盗まれない工夫をするのはもちろんのこと、もし盗まれても良いように予備の財布を持っていくことも大事です。

その次に大事なお土産を確実にスーツケースに入れられるようにすることも忘れてはいけません。

是非必要なものを揃えて笑顔で帰国出来るようにしましょう。

スポンサーリンク