こんにちは、タニーです。誰もが憧れる新幹線のグリーン車。ついに乗りました!めちゃワクワクしました。なんせグリーン車です。これはテンション上がらないわけにはいきません。

天の声天の声

そうか?

その様子とグリーン車にお得に乗れる方法をお伝えします。

グリーン車の様子

誰もが憧れるグリーン車。その中の様子をお伝えします。

天の声天の声

もうすでに他のブロガーによって詳細は明らかだけどな

まずシートは2列×2列です。一般車両よりも1列少ないのが特徴です。これによって1列が広く設計されています。肘置きも幅広い。一般車両の3本分はあろうかと思われる肘置きが、シートとシートの間に横たわっています。めちゃ快適。

床はシートと同系色のカーペットが敷き詰められ、落ち着いた雰囲気です。壁には山のような波のようなよく分からん模様が描かれており、趣きがあります。なんだろ、これ。

リクライニングはめちゃ滑らか。一般車両のように力で押さえつける必要はありません。スムーズに音もなく動きます。足元には足置きがあり、好みの高さに置くことができます。さらに、全席コンセント完備はもちろんのこと、シートヒーターや照明まで付いています。

席に着くと、しばらくしてパーサー(飛行機で言うとことろのキャビンアテンダント)がおしぼりを持ってきてくれました。これはもしかして飛行機みたいにドリンクまであるのか⁉︎と期待していましたが、どうやらドリンクは無いようです。あ、ゴミの回収には来てくれました。

ぼくは出張の帰りに新大阪から東京まで利用しました。新大阪で新幹線を待っていると定刻通り到着。しかもなんとN700Aが到着しました。

N700Aとは、N700系がさらに進化して2013年から運行が開始された希少車両です。どこで見分けるのかと言いますと、ロゴを見るとすぐに分かります。N700系でもN700Aでもロゴには「N700A」と書かれているところまでは一緒です。

でもこのロゴの「A」の大きさは、実は2種類あります。Aが大きい車両がN700A、小さい車両がN700系となります。

実はN700Aになったところは、ブレーキや安全装置などで、実際の乗り心地に関する変更点は何も公開されておらず、特には変わりがないと言われています。

そんなこんなで車両乗り込んで見ると、シートが少ないことや内装の色などで、なんだか落ち着いた雰囲気です。しかもみんな2列のうち窓側に座っていますが、通路側には当然のように荷物を置いています。

なにそれ?まるで誰も座らないことをあらかじめ知っているかのよう。グリーン車は通路側に誰も座らないのが暗黙の了解なの?2列埋めるくらいなら一本遅らせることが当然なの?なんて疑問が頭をよぎりますが、ぼくも真似をしてゆったり座ります。

確かにゆったり休むことができます。今回はたまたまかもしれませんが、イヤホンから音を漏らす人もおらず、大声で騒ぐ酔っ払いもおらず、泣きわめく子供もいませんでした。そのため、非常に快適な移動ができました。

グリーン車の利用方法

ぼくはJR東海のエクスプレスカードを持っています。このカードを持つと、東海道新幹線の利用に様々な特典が付く、新幹線のヘビーユーザーには欠かせないカードです。

このカードの特典の1つとして、新幹線に乗るとグリーンプログラムというポイントが貯まります。一定量ポイントが貯まると、新幹線のグリーン車を一般車両料金で乗ることが可能になります。ただで乗れると思っていたのはぼくだけではないはずです。

ちなみにこのポイントはグリーン車の利用にしか使えません。また、有効期限が有りますので、期限が切れる前に使い切ったほうが良いでしょう。

エクスプレス予約とスマートEXどっちがお得?

2017年9月30日から開始します。これはエクスプレスカードの特典であるエクスプレス予約とほとんど同じような機能が、無料で利用できるという優れたサービスです。

エクスプレス予約を使っていない人はすぐにでも申し込んだほうが良いサービスと言えます。では、既に存在するエクスプレス予約と比較すると、どっちが良いのでしょうか。

それぞれの特徴を書き出してみます。

エクスプレス予約 スマートEX
年会費 1,080円 無料
クレジットカード エクスプレスカード、J-WESTカード、ビューカード 既に持っているカードを利用
改札用カード 交通系カード+EX-ICカード 交通系カードのみ
運賃(東京→新大阪) 13,370円 14,250円
グリーンプログラム あり なし

これを見るとエクスプレス予約のメリットはグリーンプログラムが使えることのみという感じがします。

運賃が安くなることをメリットに上げることも出来ますが、たいていの会社は新幹線などの交通費を会社が負担してくれます。その代わり、クレジットカードの年会費は立て替えてくれないということも多いのではないでしょうか。ぼくが勤めている会社もまさにこのパターンです。

そうすると年会費を払ってグリーン車に乗っている訳ですので、頻繁に新幹線に乗る人でなければ、ポイントが無効になり、年会費も払うという事態になります。

一般車両からグリーン車へのアップグレードは距離にもよりますが大体5000円くらいです。そのため、エクスプレスカードを作っているのに5年間一度もグリーン車に乗れていない人はスマートEXに変更することも考えたほうが良いかもしれません。

まとめ

グリーン車は快適な旅が出来る快適な車両です。これまでエクスプレスカードの特典として利用できました。もちろんこれからも利用できますが、新たなサービスであるスマートEXの登場により、エクスプレス予約の魅力はかなり下がったように思えます。

これから安く利用できる人は、かなりのヘビーユーザーか年会費との兼ね合いであまり金銭的なメリットを感じなくても快適な移動を求める人のみになりそうです。

スポンサーリンク