こんにちは、タニーです。祖父母を泊まらせるために、狭小3階建の我が家も1階の部屋の暖房を考えることになりました。いろいろ考えた結果、祖父母に泊まってもらう部屋は1階の部屋ということになりました。

ただ、祖父母が来るのが真冬という事もあり暖房器具を急遽購入する必要がありました。そこで、いくつかの暖房器具を検討しましたが、結局エアコンに決定

その良さをまとめておきます。

エアコンが優れている点

空間を有効活用できる

圧倒的な利点はこの空間を有効に使うことができる点です。我が家の1階は、半分駐車場になっています。また、お風呂、トイレも1階にあり、残りの空間が部屋となっています。そのため6畳も無いくらいです。

部屋が広ければ空間の活用なんて気にしなくても問題ありませんが、我が家はそうはいきません。床に暖房器具を置いたら布団を敷くのも一苦労です。

その点、エアコンは壁の高いところに取り付けられますので部屋が狭くなることはありません。また、暖房器具から布団を離さないと……なんて制約もありませんので、空間を自由に使うことが出来ます。

天の声天の声

自由に使うほども無いから苦労してるんだけどな

安全安心

やっぱり火を使わないので安全です。特に狭い部屋でストーブを使おうとすると、火元から布団を離さないといけないといった問題が出てきます。

また、狭い部屋で火を使うと不完全燃焼した時の被害が大変なことになります。広い部屋であれば一酸化炭素が部屋に充満するまでに多少時間も掛かりますが、狭い部屋ではすぐに充満してしまいます。

もちろん、灯油ストーブやファンヒーターのメリットは理解していますが、狭い部屋での使用は要注意です。

すぐに暖まる

なんと言っても部屋が暖まるまでほとんど時間が掛かりません。これはエアコンの最大のメリットです。特に狭小住宅の1階はコンクリートやアスファルトが近いことが多く、底冷えしやすい傾向にあります。

そのため、暖房を入れてもすぐには暖まらない傾向にあります。最近のエアコンであれば今の温度をモニターしながら最も効率よく暖まるように出力を調整してくれます。

他の暖房器具では部屋が暖まるスピードよりも冷めるスピードの方が速いことが多く、快適な温度にならないといった問題が多く起きます。

意外と乾燥しない

エアコンをつけたら確かに乾燥します。でも、最近のエアコンは非常に優秀で、昔のエアコンのように一気に湿度が下がって喉が痛くなるということが少なくなりました

そのため、昔のエアコンは加湿器を付けても湿度が下がり続けて乾燥していましたが、最新のエアコンは加湿器を付ければ十分に加湿され、加湿器無しでもなんとか過ごせるくらい乾燥しません。

買うならどの機種?

エアコンって同じメーカー、同じ六畳用でも色々種類がありますよね。3万程度のものから10万円を超えるハイグレードのものまで様々です。

もちろん買う理由や誰が使うのか、また予算によっても選ぶものは違ってくるはずです。我が家は祖父母が泊まりにきた時用に買いましたので、普段はそれほど使いません。

あまり高級なものを買っても勿体無いなと思い、グレードの下から2番目のものを約4万円で購入しました。購入したのはダイキンのエアコンです。

はっきり言って性能は値段以上だと感じました。もともと六畳用ってロクなものがないと偏見を持っていたのもありますが、めちゃくちゃ性能が良くてびっくりしました。

暖房性能、乾燥具合を考えても全く問題ありません。六畳用で10万円を超えるものは一体どんな凄さなんでしょうか……

他の暖房器具はどうなのか

デロンギ

欧米で絶大な人気を誇るらしいデロンギですが、とにかくでかい。家電量販店で見た最も小さいサイズのものでさえデカすぎて笑ってしまいました。

六畳間に布団2枚敷いてさらにこれを置けるほどスペースはありません。

火を使わないという点ではエアコンに並び安心ではあるんですけどね。とにかく狭い部屋に置くことは想定していないようなものでした。

セラミックヒーター

過去にセラミックヒーターを購入したことがあり、それを使おうとも考えたことがあります。ですが、セラミックヒーターは出力が弱すぎて話になりません。

冷えた1階を暖めるには部屋の空気全体を暖めることが絶対条件になります。ですが、セラミックヒーターは吹き出し口から暖かい空気が出てくるものの、部屋の空気を暖めることは出来ません。

机で勉強するときに足元へ暖かい空気を送りたいなんて状況でしか使えません。

ストーブ/ファンヒーター

灯油やガスを使うストーブやファンヒーターはおそらく暖房器具として最強でしょう。空気を暖めると同時に加湿も行ってくれるという冬場には欠かせないであろうアイテムです。

ですが、火を使うという点が狭い部屋で使うことにマイナスとなってしまいます。火元と布団が近過ぎるとトラブルの元になりますし、何より不完全燃焼が起きた場合、死亡する確率が上がります。

大きな部屋であれば問題ないのですが、六畳無いくらいの部屋には不向きです。

まとめ

やっぱりエアコンが最もバランスの良い暖房器具となります。夏になればそのまま冷房器具に変わりますので、使い勝手は最強でしょう。

一昔前のエアコンと違って乾燥しすぎて咳が止まらなくなるなんてこともありませんので、安心して使えますよ。

スポンサーリンク