こんにちは、タニーです。ぼくは自分でも感じるくらい完璧主義的な考えを持っています。これって自分で言うのもなんですが、めちゃくちゃ効率が悪いんです。

何かを行うなら完璧にこなしてこそ一人前だ!なんて意見もありますが、これは周りから見たら既にその仕事を極めていて職人レベルになっている人が、より高みにいくために考えるべき事です。

少なくともぼくのようにその道を極めていない一般人は完璧を求めるなんて時間の無駄です。さらに、自分に完璧を求めていたはずが周りにも求めてしまうという悪循環もあります。

完璧主義のタイプ

完璧主義者は主に以下の3通りのタイプに分けられます。

  • A:自分に完璧を求める人
  • B:他人に完璧を求める人
  • C:自分にも他人にも完璧を求める人

さらに完璧主義者は以下の2通りの行動をとります。

  • 1:完璧にこなす
  • 2:完璧にこなせない

よく漫画に出てくる主人公を補佐するクール系キャラはAの1だったり、Cの1だったりします。確かに完璧を求めてかつそれを実現できるのであれば完璧です。非の打ち所がありません。

天の声天の声

それはそれで容赦ないって批判されそうだけどな

Aタイプの人はさらにいくつかのパターンに分かれます。

まずは目標となる「理想の自分」のレベルめちゃくちゃ高く設定されており、それに向かって最大限に努力している人です。

理想の自分と現実の自分を比較して、その差を埋めようとします。このパターンの人は自分を客観的に見る事ができるため、スペックが高い事が挙げられます。

続いて「間違いが許せない」人です。とにかく間違った事が嫌いで、間違いのないように行動しないと気が済まないところがあります。

このパターンの人は自分だけで完結せずに周りの行動からも間違いを排除しようとする傾向にあるため、他人にも完璧である事を求める事があります。

自分が完璧にこなせれば、自分にも他人にも完璧を求める人になりますが、そうでない場合は他人に完璧を求めるだけになります。

ちなみにぼくはこのパターンであると感じています。自分でも分かってはいますが、間違いが許せない場合の基準が明確でない事が多いため、始末が悪い事が多いです。

他人の資料や報告書をチェックした際に、間違いだけを指摘するような人はこのパターンである事が多い気がします。

天の声天の声

でも、根拠となるデータはないけどな

Bタイプの人は上でも書きましたが、「間違いが許せない」人です。他人の行動が自分にとっての価値観と違っていることが許せず、(自分にとっての)完璧を求めてしまいます。

他には、「抑圧された経験がある」人も他人に完璧を求める傾向にあります。抑圧された経験とは、小さい頃親に厳しく躾けられた、会社で行動を制限されてストレスを感じているなどといった状況です。

自分が解放されたいという思いから、自分を自由にしてくれるような行動を他人に求めます。特に自分の思い通りになると思っている人に対して厳しくなります。

完璧主義のデメリット

行動が遅い

とにかく行動することが出来ません。慎重な人も動き始めるまで時間が掛かりますが、完璧主義者とは決定的に違う点があります。慎重な人は懸念事項が解決すればすぐに行動に移すことが出来ます。

ですが、完璧主義者は完璧でない理由を探して動きません。彼らにとって、完璧でない事が許せないという大義名分のもと、完璧でない理由を探し続けて行動を始める事が出来ません。

なぜなら、全てが完璧に分かっていないから始められないのです。

否定的な意見しか言わない

とにかく肯定しません。肯定すると間違っていない事を認める行為になりますので、どんな意見でも否定から入ります。

これは「間違いが許せない」人に多く見られる傾向です。一見矛盾しているようにみえますが、自分に完璧を求める人はその人なりの価値観があり、他人の意見に従うとその価値観が間違っていると認める事になります。また、他人に完璧を求める人は他人のアラを見つけないと気が済まないため、やはり他人の意見を認める事が出来ません。

資料のチェックなどをしてもらうと簡単に見分ける事が出来ます。資料の全体的な流れを確認してもらっているのに、てにをはを指摘してくるなど、何癖に近い間違いを指摘してくる人は要注意です。

まとめ

完璧主義者であると自覚している人はつらい生活をしているのではないでしょうか。完璧主義でなくても良いと思っていても体がつい反応してしまうということはぼくも経験があります。

そのような人は本人も周りも分かっていると思いますので、まずは温かく見守ってあげて下さい。

本人が完璧主義者であることを自覚していない人は、とにかく関わらない事が一番です。なんと言っても相手にするのが面倒臭いですからね。

適当に聞き流して、その人のことを適当に褒めておけば勝手に納得してくれますので無理に相手をしないことをお勧めします。

スポンサーリンク