こんにちは、タニーです。仕事をしていて色々できるようになってくると周りからも仕事を頼まれたりするものです。でも、頼まれる仕事の量が多すぎて自分がやらなければならない仕事が終わらない、なんてことないですか?

それでも頼まれる仕事を断ってしまうと後々心象を悪くしてしまうのではないか、などと考えてしまって断れないなんて事があります。

断れない人は大抵真面目な人が多い印象があります。ぼくはあまり真面目でないのですが、なかなか断る事ができません。やはり相手に悪いと感じてしまうことがあり、つい引き受けてしまいます。

そんな時、どうやって断ったらいいのでしょうか。イエスマンはダメと分かっていてもついつい引き受けてしまうことがありますが、引き受けてからやっぱり無理でしたなんて、余計言いにくいですよね。

そこで、ぼくが実際に行ってみて効果があった方法を紹介します。いきなり断ることは難しくても、色々条件を出していけば、断ることも出来るようになります。

また、断れないのははっきり言えば意志が弱いからです。玉虫色に周りの顔色を伺うのではなく、無駄なことは引き受けないという意志が必要です。

関係ない仕事は全て貸し借りの関係

絶対的に必要な考えは、直属の上司や同僚からの仕事以外は全て貸し借りの関係にあるということです。

もしあなたが散って同じチーム以外の人からも大量に仕事を振られている場合、あなたは周りに大量の貸しを作っています。その大量の貸しを返してもらうことも出来るのです。

周りがそのことを全く気にしていないようであれば、残念ですがあなたに対して借りを作っていると全く思われていないと言えます。そのため、まずは仕事を代わりに行うことは貸し借りであるということを理解する必要があります。

自分しかできないと思わない

その仕事、本当にあなたしかできない仕事ですか?おそらくほとんどの答えはノーになると思います。結局、誰かが出来るけど面倒なものは仕事を頼みやすい人に集中します。

薄々は勘付いているかもしれませんが、明らかに便利に使われているだけです。

あの人なら断らないから面倒な仕事を押し付けてしまえ。

頼む人は自覚があるかどうかに関わらず、こんな気持ちで頼んでいるでしょう。そのため、本当に自分しかできない仕事かどうかをよく考えてから引き受けるかどうか決めましょう。

もし誰でも出来るようなことであれば、あなたがやらなければならない理由はありません。冷静に考えれば、別の人に代わってもらうように誘導することも可能です。

すぐに引き受けない

仕事を頼まれた時に、すぐ「できます」や「やります」と言わないようにしましょう。ついつい引き受けてしまって、後で後悔することもこれまであったかもしれません。

即答して引き受けたら絶対にやらなければなりません。まずは引き受けられるかどうか考える時間を作りましょう。そのためには、すぐに引き受けずに一旦保留すべきです。

「他の仕事もあるので、出来るかどうか考えさせてください」と言えば、相手も待ってくれます。

あなたの周りにも、仕事を大量に振られて年中追い込まれている人はいないでしょうか。そんな人を客観的に見ていると、なんで断らないんだろうと思うかもしれません。

ぼくも経験がありますが、つい「やります」ってしまい、断れなくなります。さらに忙しくなってくると、なんだか少しの余裕で他のことも出来るような気がしてきます。

完全に勘違いですが、その余裕で他のこともやろうとして手に負えなくなってしまうパターンです。そんな時、引き受けずに一旦待ってもらって後から断れば問題ありません。

ただし、断るためにはなるべく早く断りましょう。保留にして数日経つと相手は引き受けたと勘違いします。

他の業務の後になることを確認する

それでも断れない場合、今やっている仕事の後でなら引き受けられることを伝えて、それがいつになるのか説明しましょう。

「今の案件が3週間後に終わるので、その後でいいでしょうか」

ダメと言われたら他の人に頼んでもらうように交渉することも出来るようになります。それでもやってくれと言われたら後は簡単です。今やっている仕事を振った人と直接交渉してもらうように伝えて終わりです。

その際に、必ず今やっている仕事を振った人にあなたから話をしておく必要があります。そうしないと、勝手に脚色された話をされてあなたが悪者になる可能性があるからです。

まとめ

ぼくの経験上、頼まれた仕事を断れないのは意志が弱いからという理由が多くを占めていると感じています。

強い意志を持ってもどうやって断ったらいいのか分からずに引き受けてしまうこともあるでしょう。そんな時はいきなりノーと言わずに、遠回しに今出来ないことを伝えましょう。

そうすれば、なぜ引き受けられないのか自分でも客観的に分かるようになり、ノーと言えるようになります。

スポンサーリンク