こんにちは、タニーです。他人と接することによる悩みの中で、上手く話ができないや会話が続かないなどコミュニケーションに関する問題を持っている人が一定数いるのではないでしょうか。

ぼくも例に漏れず他人と会話する事が苦手です。コミュ症入ってることは自覚があるくらい、話が続きません。

コミュニケーション関連の本などでよく聞く言葉に「聞き上手は話し上手。だからまずは話を聞けばいずれ話せるようになる」なんていうことをよく見ますが、正直あれって嘘ですよね。

いったい誰が言い始めたのか分かりませんが、これが出来る人ってもともと話がそれなりにできて、更に上手くなるには人の話を聞くと良いよ、程度のものしかないと思います。

そこで、本当に話し上手になる為には何をしたら良いのか、ダメなぼくを例に考えて見たいと思います。

結論から言うと、話を上手くするにはただぼんやり聞くのではなく、話が上手い人はどうやって話を振るのか、話を盛り上げるのか、話を落とすのかを観察して実践してみる必要があります。

ダメな話の聞き方

ぼくはよく聞き上手だと言われますし、自分でもそこそこ人の話を聞けると思っています。

天の声天の声

まあ実際は話が出来ないから聞いてるんだけどな

それじゃあぼくの話は上手くなっているのかと言われると、全く上手くなっていないと胸張って言えます。

天の声天の声

自慢することじゃないけどな……

聞き上手と言ってくれる人の多くは、もともと話好きの人であったり誰かと相談や話をしたいと考えている人であったりします。

要は聞き役に徹してほしいけど、適度に反応してほしい人である事が多いです。

そう言った人と話していて、自分の行動を冷静に分析してみると面白い事が分かってきました。

ぼくは他人に興味なさすぎでした。正直相手がどうなってもどうでも良いと考えています。だって所詮人ごとですからね。

でもただ「はい」とか「うん」とか「それで?」とか「ふーん」などといったそっけない反応だけでなく、「それって◯◯ってこと?」や「それからどうした?」みたいな感じで話を聞いて続きを促すような反応をしています。

その相手に興味がないことによる相手の話にがっつかない聞き方や、ほどほどな反応がきっと相手にとって丁度いい話し相手になるのでしょう。

ただ、話が上手い人の研究という意味では全く出来ていません。ただぼんやり話をしていただけです。

話し上手になるために、話の上手い人の観察を欠かさず行いましょう。

会話中に観察して良いのか

話に集中していないと相手に失礼だと言う人もいるでしょうが、そんなことは気にせずどんどん観察しましょう。

たとえ会話であってもギブアンドテイクの考え方が重要です。相手はぼくやあなたに会話相手を求めてきているわけですから、既に相手にギブしています。

そのため、相手からは話し方のコツであったり話し方の特徴をテイクすれば良いわけです。

その結果、相手にとってもさらに話しやすい人になる事が出来ますし、話し相手だけでなく相手に有益な情報をギブ出来るようになれるはずです。

スマホや携帯を持っているはずですので、会話が終わって別れた後などに観察結果を忘れないうちにどんどん書き込み、内容を忘れないようにしましょう。

  1. どうやって話を振るのか
  2. どうやって話を盛り上げるのか
  3. どうやって話を落とすのか
  4. どうやって話を締めるのか

いきなり細かいことを観察することは難しいと思いますので、まずは王道の起承転結を観察してみましょう。

ぼくが観察した人の多くは、話の上手い人はいきなり質問しない事が多かったです。

例えば営業マンがお客さんのところへ行って話をするとき、まず当たり障りのない話から始めて自分の話をし始めます。そして自分がやってしまった失敗談などを笑いを交えながら紹介しつつ、さりげなく仕事の話に誘導していました。

まとめ

結局のところ、話し上手になるためにはまず聞くことが必要です。でもそれは聞き上手になるためではなく、話が上手い人のテクニックを奪うためです。

ある程度分かってきたら、実際に実践してみて何がダメなのかをフィードバックしていくと、話が上手くなっていきます。

きっとできる人はこんなこと考えないのかもしれませんが、ぼくのようにできなくても意識していれば出来るようになります。

ぼくはできれば誰とも話さずに過ごしていけたら良いのですが、仕事をしていく上ではそれなりのコミュニケーション能力が必要となります。

また、ぼくは仕事を極力楽したいと考えていますので、なるべく周りの人とも円滑に仕事を進める必要があります。

そのため、これらを意識してなるべく楽に仕事をこなせるように努力中です。

スポンサーリンク