こんにちは、タニーです。ぼくは転職した時、履歴書の年収欄の書き方を間違えたため、生活が苦しくなりかけたことがありました。その時はちょうど結婚した頃だったため、妻の給料もあってそこまで辛くはなかったのですが、はっきり言って転職に失敗したと痛感しました。

転職先は超ホワイト企業だったので賞与面以外に不満もなかったのが幸いでした。そのため、どうすれば賞与面でも成功できていたのでしょうか。

もしあなたがこれから転職活動を始めるのであれば、是非対策をして下さい。また、転職先が決まりかけているあなたでも、賞与面を見直して不安を感じたのならば交渉すべきです。

賞与面で成功するためのコツは、実際の年収よりも高い額を記入することです。そうは言っても、年収500万なのに1000万なんて書いたら明らかに怪しまれます。

それではどんな点を考慮して高めに設定するのでしょうか。

今の生活費と新しい生活費の差額を足す

ここでの生活費とは主に以下の点を指します。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • (通信費)

ぼくが転職した当時、会社の寮に住んでいました。家賃は約15,000円と破格の安さ(値段相応のボロさでしたが)、風呂トイレは共同で電気代・水道代・ガス代などは一切かからずインターネットも格安の3,000円でした。

さらに寮食もあり、朝食と夕食の2食合わせて約500円でした(選ぶメニューによって多少値段が変わりましたが)。

こんな状況で年収を実際の額面通りに書いてしまったわけです。それが何か問題なのかと思うかもしれませんが、転職した後のことを想像してみて下さい。

当然寮から出て部屋を借りなければなりません。住む場所によっては相当の費用アップの可能性もあります。

さらに食事も自分で作るか外食をするため寮の頃より金がかかります。当然光熱費も必要になってきます。

具体的な金額を見てみたいと思います。場所によりますが、電車通勤などをする場合、ある程度駅から近くないと辛いため、家賃も高めになります。家賃が50,000円と仮定すると35,000円の支出増です。

食費も自炊と外食半々くらいになると月25,000円は必要でしょう。寮食の月15,000円との差は10,000円です。

さらに光熱費も全て負担しなければならず、インターネットの通信費の増加分と合わせて15,000円増えると仮定します。

これらの金額を合計すると何と月60,000円の支出増が想定されます。年間にすると何と720,000円!年収50万増えたってマイナスになってしまいます。

転職して年収50万円増えたのに生活が苦しくなった、なんて話聞きませんか?おそらくこのような計算をしていなかったため、生活費が足りなくなったと想像できます。

ぼくのように寮出ない場合はここまで増えないのかもしれません。でも、職場の場所によっては家賃が20,000円くらい増える可能性もあります。

このように計算して出した差額を年収に出した金額を履歴書の年収欄に書きましょう。ちなみに差額がマイナス、要は転職した方が生活費が安くなる場合は今の年収を書きましょう。

足すことで責められないのか

真面目な方であればこんなことして年収を高く記入して良いのか、と心配するかもしれません。でも心配無用です。このように増えた根拠をしっかり示せれば全く問題ありません。

また、ぼくたちは慈善事業を行うわけではありません。労働時間に対する対価はちゃんと貰う必要があります。生活費をちゃんと考慮しておかないと、この労働時間に対する対価が減ってしまいます。

それはつまり自分の能力を安売りしていることと同じです。根拠はありませんが、おそらくあなたの年収より100万多く出すからうちに来て欲しい、ということを言う企業は必ずあると思っています。

そのため、自分の実力を安売りしないように注意しておく必要があります。

当然ですが、入社してから給料を上げることは至難の技です。転職活動で自分が不利にならないような年収を書いておき、自分の身は自分で守りましょう。

まとめ

転職によって入社する企業はどんな企業なのか入ってみないと分かりません。でも給料は契約書の取りかわし時に分かるはずですのであなたがコントロールしやすい状況にあります。

是非あなたに見合った対価が得られるように注意しましょう。

スポンサーリンク