こんにちは、タニーです。社会人になったら3年と言う数字がなぜか節目になっていますね。転職するにはとりあえず3年待てとか。この3年という謎の数字を守って3年経たずに鬱になってしまった同僚が何人かいました。

彼らはなぜか「3年は勤めないと一人前じゃないから……」という謎のストイックさを発揮させ、心を壊すという負のスパイラルを繰り返します。ちなみに1人の人が何回も繰り返すのではなく、人が変わっても同じことを言って同じような辛い目にあっていました。

ぼくはメーカーの設計部に配属されて仕事をしていましたが、設計そのものが馴染めない人も当然います。これは設計に限らず全ての仕事に共通しますが、配属先に馴染めない人はすぐにでも転職すべきです。

ただ、いきなり転職するにはいろいろ不安があると思います。そこで転職をするために、これだけは習得しておく必要のあるスキルを紹介します。

仕事を進めるプロセスを習得すべき

ここで言うプロセスとは、どのようにスケジュールを立ててそれを遂行していくかといった内容です。簡単なスケジュールの立て方はこちらでも紹介していますので参考にして下さい。

さらにらそのプロセスを一般化させることが大事です。基本的に配属された部署のプロセスはその部署でしか使えません。部長や課長、主任といったマネージャー陣が変わるだけで仕事の進め方は変わります。

そこで、その部署固有のプロセスを理解したら他の仕事でどう活かせるかを考えます。例えば車を作るときはどうだろうとか、電車を作る場合はどうなるのかなどです。

これではスケールが大きすぎてイメージ出来ない場合は、もっと身近で分かりやすいものに当てはめます。例えば、ミニ四駆を設計するにはどうしたらいいか、機能的な鞄を設計するにはどうするかなど、簡単に出来そうなものを実際に頭の中で作ってみます。

おそらく上手くいかないでしょう。その場合はどうしたら上手くいくのかも一緒に考えます。どうしても足りない知識があるはずですので、どんなところで行き詰まったのかをメモして下さい。そのメモがあれば、自分の弱いところを重点的に勉強することができます。

3年経っても半人前以下

厳しいことを言いますが、入社して3年経っても一人前はおろか、半人前にすらなっていません。よっぽど様々なことを吸収できる超人ならともかく、ぼくのような一般サラリーマンが3年で一人前になることの難易度は非常に高いです。

転職するために3年間頑張って鬱になってしまった同期の中にも、一人前になろうと頑張りすぎたと思われる人がいました。

ぼくのいた会社で設計をする場合、受注から量産開始まで設計が関わる期間が約3年でした。そのため、運良く受注直後から仕事を始めるチームに配属されても、全行程を一回しか経験できません。設計に限らずどんな仕事も、たった一回の経験だけで一人前になれるような簡単なものじゃありません。

そのため、まずは仕事の進め方を学んでそれを応用させる力を身に付けましょう。

3年間以下での転職者はすぐ辞める?

3年我慢しろという理由の1つに、3年も続かない人は次の会社でも長続きしないから転職に不利、というものがあります。

これを言う人に聞きたいことがあります。3年続けさせてその間に鬱になったらどう責任取るの?

ぼくは最初に配属されたチームの上司とソリが合わず、とても辛い思いをしました。その上司から毎日2、3時間説教されるのは当たり前、その内容も臨機応変に対応しろや状況を見て自分で判断しろ、自分で判断したら勝手に動くななどぼくには意味の分からない内容でした。

こんなことを続けていくうちに、会社に行こうとすると吐くなどの状態になりました。このとき、やはり周りからは3年間は仕事を辞めるなといったことを言われていました。

今なら分かりますが、そんな状況になる前にさっさと転職しておけば良かったです。でも踏ん切りがつかなかったのは3年以内での転職は不利という呪縛でした。

その当時のぼくに一声かけるならこれです。
「2年目で辞めても3年で辞めても大差ないからいつでも辞めていい」

結局これにつきます。すぐ2年でも3年でも差はありません。それよりも辞めた理由をちゃんと説明する方が重要です。「3年は辞めるなって言われたので4年目で辞めました」なんて言う人を採用したいと思いますか?

すぐ辞めそうな印象を持たれないようなエピソードを用意しておけば大丈夫です。部活を頑張ったとかバイトをやり切ったなどです。仕事の内容じゃなくて不安になるかもしれませんが大丈夫。2年くらいで転職する人に仕事だけのエピソードを求めていません。

全てのエピソードを仕事にして何だか完璧にこなせているかのような印象を与えることは逆効果です。「そんなすぐに仕事出来るようになるかよ、社会舐めんなよ」と思われておしまいです。

志望動機で逆に質問

転職となると、新卒の就職活動よりも転職者も会社を選ぶというスタンスでも大丈夫です。むしろ俺がオタクらの会社を評価してやるよ。なんて気持ちでいきましょう。

もしあなたが今の職場に馴染めないのならよく分かると思いますが、就職活動で職場の雰囲気まで掴むのはかなり難しいものです。そこで、志望動機を説明しながらも質問して、自分に合っているかどうかを確認しましょう。

例えばこんな感じです。

ぼくぼく

設計は顧客から言われた仕様だけを作っていくだけでなく、自分から新しい機能を提案していくことも大事だと思っています。

ぼくぼく

御社はそのようなスタンスで仕事を進めていると聞きましたが、合っていますか?

面接官面接官

合ってます。

ぼくぼく

ありがとうございます、それを聞いて安心しました。今の職場ではそのようなスタンスで仕事を進めることが非常に難しく、このまま自分の理想の設計像から離れていくことが辛いと感じていました。

ぼくぼく

御社のような自分から新しい機能を提案する会社で、自分の力を出せる会社で働く事が志望動機です。

もし新しい機能は具体的に何かを聞かれたら、上の仕事のプロセスで想像していた例を出しましょう。合っているかどうかは関係ありません。自分で主体的に考えていることを主張できればそれだけで意味があります。

具体的な転職方法

まずは転職求人サイトに登録しましょう。エージェントと呼ばれる担当が付きますので、様々な企業情報などを教えてくれます。

ぼくはDODAを使用しました

業界最大級の求人サイト「転職ならDODA(デューダ)」新規会員募集

設計者が転職するならまずDODAに登録しておけば外れはありません。ぼくや周りの同期の経験上、DODAで転職を成功させた人は8割くらいいます。

とにかくエージェントの質が良いです。もともとメーカーの設計開発出身なの?と思えるくらい設計のことを分かっていて、履歴書の書き方などのアドバイスをくれることもありました。

また、企業の面接前後のフォローもしっかりしてくれた印象です。どんな雰囲気の会社なのか、今どんな人材を欲しているのかといった基本的だけど大事なところはしっかりしています。

ぼく1人だけだったらたまたまかもしれませんが、同期も同じような事を言っていたのでおそらく全体的にレベルが高いのでしょう。

他の会社にも登録していましたが、他は広く浅くと言った印象でした。自分が求める業種とは無関係な企業の求人を出してきたり、ぼくの提出したプロフィールを勝手に修正したりして、混乱させられました。

その点DODAは自分の求める企業プラス自分では考えてもいなかった業種でおもしろそうな企業を紹介してくれた印象です。

登録は無料ですので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク