こんにちは、タニーです。あなたの英語の勉強は順調ですか?ぼくは仕事が忙しい事を言い訳にしてあまり進んでいません。

天の声天の声

おい

これまで英語学習に関して2つの記事を書いてきました。

簡単にまとめると、ちゃんと計画立てて始めようねってことと、英語勉強の目標は立ててる?英語学習は手段であって目的ではないよって内容でした。

今回は勉強する際のモチベーションの維持について考えてみたいと思います。

スタートダッシュはしない

よし!英語勉強するぞ!と鼻息荒く始めたいところですが、ちょっと待ってください。もしかするとすでに1日何時間も勉強しているかもしれませんが、それもやめた方がいいかもしれません。

天の声天の声

いきなり景気の悪い話だな

もしあなたが、英語の勉強がめちゃくちゃ楽しくてこれならどれだけでも続けられると確信できるのなら、どうぞそのまま続けてください。もしそうでないのなら、勉強のペースを落とした方が良いです。

今のあなたはマラソンを始めた状況に置き換える事が出来ます。英語の勉強がめちゃくちゃ楽しい人は、普段から体力があっていきなりフルマラソンを3時間を切ってしまうような超人です。ちなみに初めてのフルマラソンの目標タイムは男性で4〜5時間、女性で4.5〜5.5時間だと言われています。

一方、英語の勉強がめちゃくちゃ楽しいと言い切れない場合は、上記のタイムを目指すようなランナーに相当します。英語勉強のスタートダッシュをかけてしまっている場合は、4時間を目標に走ろうとしているのに、いきなり3時間を切るようなスピードで走り始めている状況と同じです。

それではすぐにバテてしまい、完走できないのは目に見えています。さらに英語の勉強はフルマラソンのように目標タイムはありません。あなたの目標を達成できればゴールです。達成までの時間よりも達成させる事が重要です。

急ぎで習得しないといけない場合はその限りではありません。詳しくは下の記事の「目標を決めよう」を参照してください。

仕事で疲れた平日の夜に何時間もかけて勉強していたら体がもたないでしょう。最初は無理のない範囲内で行う事を第一に意識すべきです。

楽しくない事は続かない



photo credit: wuestenigel Closeup photograph of delicious chocolate dessert with cookies at a fancy restaurant via photopin (license)

人は楽しくないと思う事は長続きしません。今の世の中、甘い誘惑はそこら中に転がっています

学生時代のテスト勉強が良い例です。勉強しないといけないという事は分かっているのに、なかなか進まない。近くにある漫画につい手を伸ばして気づいたら1時間過ぎている。ようやく始めたと思ったら、いつも見ているドラマの時間になったので、仕方なく中断してテレビを見る。

おそらく誰でも経験している事でしょう。いやいや、勉強する時はちゃんとしてたよって思ったあなたは素晴らしい。英語の勉強もスムーズに進むでしょう。

なんでこのように、漫画やテレビは長続きするのに勉強は長続きしないのでしょうか。楽しい事を考えたり行ったりするとドーパミンが分泌されます。いわゆる快楽物質と呼ばれるものです。

ドーパミンにはポジティブ思考にしてくれたりテンションを上げてくれたりする素晴らしい効果がありますが、一方で中毒性もあります。これにより、楽しかった記憶が残り繰り返したいと感じます。

そのため、楽しい事は何度でも繰り返すようになります。言い換えれば、楽しいこととつまらない事が並んだら楽しい事を選んでしまう傾向にあります。

さらに、生き物には危険なものを避ける本能があります。これにより、英語の勉強に楽しさを感じられないと、避けなければならないものだという本能的な判断が下され、遠ざかるような意識が働きます。

ですので、苦手な勉強が続かないからといって自己嫌悪になる事はありません。むしろ生き物として健全な証拠です。

天の声天の声

だからと言って慰めにもならないけどな

続かないのには訳がある

それでもテスト勉強が出来た方も多いはずです。なぜテスト勉強は出来て英語の勉強は出来ないのでしょうか。テストの場合、その先の結果が影響しています。

テスト勉強しない→テストの点数が悪い→親に怒られる、といった思考は容易に思いつきます。これにより、嫌な事の優先順位が決まります。テスト勉強することと、勉強せずに怒られることはどちらがマシでしょうか。

テスト勉強する>勉強せずに怒られる

こんな関係になる方がほとんどではないでしょうか。さらに勉強した先には、良い点数を取ったら褒められるかもしれないといった、ドーパミンが出る可能性もあります。

これによりテスト勉強は何とか行うことが出来ました。ここで、英語の勉強に戻ってみましょう。英語の勉強をやらないと、それ以上に嫌な思いをするでしょうか。

やらなかったからといって誰かに怒られる訳でもなく、危険な目に合うこともない。そんな状況では、ついドーパミンが分泌される別のことを優先するのも頷けます。

続けるコツは2通りある

ここまでくると、何をしたら良いかぼんやりと見えてきます。長続きさせるには次のどちらを行えば良いわけです。

目標を楽しい事にする

目標をドーパミンが出るようなめちゃくちゃ楽しいと思える事に変更します。例えば、金髪の美女と仲良くなるために勉強する、とかイケメンの外国人にナンパされたい、などテンションが上がるものにします。

どんな邪な考えでも全く問題ありません。でも犯罪はダメですよ。

一度考えただけでは効果がありません。毎日毎日この目標が達成されている状況を妄想します。ヨダレが出てくるくらい妄想します。そうすると、優先順位がこのようになります。

英語の勉強をする>目標が達成されない

そうなったら後は勉強するだけです。気がつくと英語が出来るようになるでしょう。

勉強を習慣にする

ぼくは毎食後に歯を磨かないと何だか気持ちがわるく感じます。歯磨きに限らず、あなたにもこれを毎日行わないと何だか落ち着かないって事があると思います。英語の勉強もこの習慣にしてしまえば良いわけです。

いきなり1時間も勉強する必要はありません。毎日5分でも良いので勉強の時間をとりましょう。5分は日によって変わっても大丈夫です。10分の日もあれば2分の日もある。それでも毎日続ける事が大事です。

とにかく毎日意識して続けましょう。気がつくと意識しなくても出来るようになり、勉強時間を増やすことも出来ます。こうなればもう大丈夫。

毎日続けることで、潜在意識へ勉強を習慣とすることを刷り込んでいきます。意識しなくても出来るようになっていれば刷り込みは完成です。

まとめ

人はつらい、大変と感じることはなかなか長続きしません。その状態で頑張っても、どこかで自分自身が反発していますのでいつか上手くいかなくなります。

できることは、英語の勉強は楽しいと信じきる事か、習慣にしてしまう事です。そうなればあとは無理をしなくても自然と出来るようになりますよ。

スポンサーリンク