こんにちは、タニーです。Wordpressを使う上でプラグインは欠かせません。使いやすさやセキュリティ面、さらには検索エンジンへの対策までとにかくプラグインを利用します。

僕の場合は賢威というテンプレートを使っています。賢威は素晴らしい点がいくつもありますが、その中でも他のテンプレートではプラグインが必要な機能でも賢威であればプラグイン不要で動かすことができるといった点にあります。

賢威の詳細はこちらです。

一般的にプラグインを増やせば増やすほどそのブログやサイトが重くなる傾向にあり、表示するまでに時間が掛かるといった問題もあります。そのため、賢威では不要のプラグインを入れているとせっかくのテンプレートの性能が発揮されません

本来賢威と相性の悪いはずの「All in One SEO」をオススメしているサイトもあり、よく分からない情報が出回っています。

そこで、賢威に本当に必要なプラグインを紹介していきたいと思います。

必須のプラグイン

セキュリティや検索エンジンへの対策として必須の項目になります。その他にも使い勝手が格段に向上するため、忘れずに全てを入れておきたいところです。

Edit Author Slug

WordPressのユーザーIDを隠してくれるプラグインです。セキュリティ対策には必須です。Wordpressの仕様上、以下のURLを入力するとWordpressにログインするためのユーザーIDが見えてしまうというものです。

ブログURL/?author=1

ログインするためにはユーザーIDとパスワードが必要なわけですが、そのうちのユーザーIDがバレてしまうと不正ログインされやすくなります。

そんな問題を回避するために必要なプラグインです。Wordpressをインストールしたら真っ先に入れたいプラグインです。

WebSub/PubSubHubbub

記事のURLを検索エンジンに通知して素早くインデックスしてもらうプラグインです。記事を公開しても検索エンジンにインデックスされないと、いくら検索しても見つかりません。

問題はそれだけでなく、最初にインデックスされた記事がオリジナルの記事だと検索エンジンは認識する点にあります。

これによって、公開した記事が誰かに盗作されて、その盗作した記事が先にインデックスされるとそっちがオリジナルでぼくの記事が盗作記事とみなされてしまいます。

そのような問題を回避するため、記事を公開したら真っ先にインデックスしてもらうよう検索エンジンに促してくれる機能です。

EWWW Image Optimizer

画像のファイルサイズを最適なサイズに圧縮してくれて、さらに画像に含まれる位置情報などのメタデータを削除までしてくるプラグインです。

画像サイズが大き過ぎると表示に時間がかかり、記事を見る人が減ることがあります。そのような問題を回避するため、最適な画像サイズに圧縮してくれます。

メリットはそれだけではありません。スマホやデジカメで撮影した写真は大抵位置情報が付いています。それによって、ブログに写真を公開したらその写真を撮影した場所まで公開してしまうことがあります。

有名な公共施設であれば問題ないのですが、個人の家の中で撮影していた場合、家が特定されるといった問題も起きてしまいます。

そのような問題が起きないよう、自動的に位置情報(メタデータ)を削除してくれる非常に優れたプラグインです。

Akismet Anti-Spam

悪質なスパムコメントを自動的に判別してブロックしてくれます。要は、大量に送られてくる迷惑メールを自動でフィルタリングして削除してくれるような機能です。

大量のスパムコメントに大事なコメントが埋もれてしまうなんてことになりかねないため、このプラグインは必要です。

No Self Pings

リンクを貼ったことを通知するピンを、内部リンクのときのみ通知しないようにしてくれるプラグインです。

WordPressの仕様上、リンクを貼るとその相手にリンクを貼ったよっていうピン(お知らせのようなもの)が送られます。

それは対象の相手が自分であろうが他人であろうが判断せずに送ってしまうため、自分のサイトの内部リンクでも

そんな面倒を回避するために必須の機能となります。

WP Super Cache

サイトの表示速度を高速化するプラグインです。サイトの表示速度って意外と侮れません。

検索エンジンから各サイトにアクセスした時に、なかなか表示されないと諦めて別のサイトに移るって経験ありませんか?

それは自分のサイトにも起こり得る問題です。そのため、サイトが表示されるまでなるべく速くする必要があります。そのために不要なプラグインを排除していくわけですが、逆にこのプラグインを入れることで高速化が可能になります。

Google XML Sitemaps

検索エンジン向けのサイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。本来、記事を公開したり更新したりすると手動で行わなければならない操作を全自動で行ってくれるものです。

検索エンジン向けのサイトマップを作らないと検索エンジンから役に立つサイトだと評価してもらえず、なかなか検索上位に行くことができません。

それらの検索エンジンにサイトの構成を伝えるためのサイトマップを自動で作成してくれる機能になります。

WP Multibyte Patch

マルチバイトによるバグが起きないように対処してくれるプラグインです。Wordpressに限らず、英語に代表される世界では1バイト文字をコンピュータ上で使うことが主流です。

そんな環境で、日本語のように2バイト文字を使ってしまうとエラーが起きることが多々あります。

そのようなエラーが起きないよう、自動的に2バイト文字から1バイト文字文字へ変換してくれます。うっかり日本語を使ってしまったばかりにサイトがエラーになって表示されないなんて問題が起きないようにしてくれます。

必須ではないが極力必要なプラグイン

Google Analytics for WordPress by MonsterInsights

言わずと知れたGoogle Analyticsによるアクセス解析に必要な設定を簡単に行ってくれるプラグインです。このプラグインを使うことで簡単にGoogle Analyticsを利用することが出来るようになります。

サイトの品質向上にらアクセス解析が必須ですので、より上を目指すあなたには必要かもしれません。

BackWPup

自動的にパックアップを作成してくれるプラグインです。問題が起きなければ全く必要のないプラグインですが、いつバクが発生してサイトがなくなるか分かりません。

問題が発生してから慌ててももう全ては終わった後の話となってしまいます。あらかじめこれを使ってもし万が一の時があっても慌てずに行動することができます。

さらに、残しておくバックアップの数を指定することができるため、バックアップファイルだけで容量がいっぱいになるなんてこともありません。

WordPress Ping Optimizer

WordPressにはブログの更新時にピンを送信してくれるという機能があります。ですが、頻繁に更新しているとスパムとして認定される可能性があります。

これを使うことで、無駄なピン送信を制限してスパムと判定されないようにしてくれるプラグインです。

Broken Link Checker

リンクが切れている場合に通知をしてくれ、かつリンク切れのリンクには取り消し線まで引いてくれます。全ての記事に貼ったリンク先があるかどうか、手作業で確認することはほぼ不可能ですよね。

リンク切れが有ると訪問者をガッカリさせて離脱される可能性まであります。そんな問題を回避することのできるプラグインとなります。

また、リンク切れに対して、取り消し線まで引いてくれますので管理者にも訪問者にも優しいプラグインです。

AddQuicktag

エディタに登録されているボタンを自分で追加することができるため作業効率が格段に上がります。

よく使うコードをこれに登録しておけば、ボタンを押すだけで簡単にそのコードを使うことができます。また、さらに範囲指定しておけば、その範囲内で終了タグまで付けてくれる優れものです。

初めはほとんど使わないかもしれませんが、慣れてきて装飾タグをいろいろ使いたいとなった時に非常に便利です。

Contact Form 7

問い合わせページを簡単に作成することのできるプラグインです。どのブログやサイトを見ても必ずといって良いほど存在する問い合わせページですが、意外とこれを作るのは大変です。

このプラグインを使うと、問い合わせページを簡単に作ることができます。また、様々なオプションを使うことでプルダウンメニューやオプションボタンまで追加することのできます。

PS Auto Sitemap

サイトマップ用のページを作成するプラグインです。これも大抵どのブログやサイトにも存在するページですね。ホームページをリストで表示してくれる機能です。

Google XML Sitemapsは検索エンジンにサイトマップを知らせるためのプラグインでしたが、これはサイト訪問者にサイトマップページを提供するためのものです。

Jetpack by WordPress.com

サイトのアクセス解析を行ったり、ソーシャルメディアの共有ボタンを設定したりできます。

有償版と無償版とありますが、無償版で十分機能が足りているとぼくは思っています。簡易的なアクセス解析を行いたいと言った場合にはこれが有ると便利です。

ソーシャルボタンは賢威の表示機能でありますので、無理に使う必要はありません。

WordPressアプリでアクセス状況を確認したい場合には必須のプラグインとなります。

WordPress
WordPress
開発元:Automattic無料
posted with アプリーチ



好みで入れても良いプラグイン

Pz-LinkCard

リンクをブログカード形式で表示させて目立たせることのできるプラグインです。具体的には以下のようなカード形式のリンクが作成されます。

簡単にお洒落なリンクを作ることができます。

SNS Count Cache

SNSでリンクされた数を取得して表示することができます。

いまやブログなどにSNSへのリンクを貼ることは必須になっています。そのリンクに、シェア数の数を表示させるためにリンクされた数を取得してくれるプラグインです。

このブログでも使っていますが、ほとんど0ですね……

例え0でも表示されますので、もしあなたが0であることを許せないのなら入れるべきではありません。

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリを簡単に並び替えることのできるプラグインです。よっぽど綿密に計画を立てて作られたブログでない限り、カテゴリは作成した記事の順番に作られていくのでは無いでしょうか。

あとから追加したカテゴリをもっと目立たせたいと思った場合に、上位に表示させたくなります。そんな時、このプラグインを使うと簡単に順番を変えることができます。

まとめ

賢威に必要のプラグインやぼくが使っていて便利だと感じたプラグインをまとめてみました。

もちろん、これ以外にもプラグインは大量に存在します。ここになくて、入れなければいけないものがあったら一報を頂けると泣いて喜びます。

スポンサーリンク