こんにちは、タニーです。最近新しいサイトを作るべくドメイン登録やサーバー登録を行いました。記事を書き始める前に絶対にやっておくべきことをまとめました。

色々調べていると、パーマリンクの設定やプラグインの紹介は多く見つかるのですが、これらの設定についてあまり書かれていなかったので紹介します。

項目は以下の2つです。

  • WordPressのインストールディレクトリとルートディレクトリを分ける
  • 常時SSL化したhttpsサイトを絶対に表示させる

どちらも必須ではなくオプションの設定ですが、ぼくとしてはやるべきだと思っています。

ちなみに1つ目は、Wordpressを「https://bohbi-log.com/wp/」にインストールして、ブログのルートディレクトリすなわちトップページを「https://bohbi-log.com/」に設定するような方法になります。

冒頭でも書きましたが、これらは記事作成や画像の取り込みの前に行うことをオススメします。そうしないと記事や画像のリンク先が変わってしまうので後から修正する作業が必要となるからです。

WordPressのインストールディレクトリとルートディレクトリを分ける

WordPressのインストールディレクトリとルートディレクトリを分ける方法です。その前に、必ずWordpressをインストールする際に専用のディレクトリにインストールして下さい。

サーバーからインストールするときに設定できます。ちなみにエックスサーバーはここで入力します。インストールディレクトリ名は「wp」などで大丈夫です。

もしあなたがまだサーバーを選んでいないのなら、このエックスサーバーを使うことをオススメします。登録はこちらから→https://www.xserver.ne.jp/



このようにインストールディレクトリを変更すると、サイトのホームページがWordpressのインストールディレクトリになってしまいますので、それを修正する必要があります。

それでは具体的にディレクトリを分ける手順です。

  1. WordPressの設定を変更
  2. FTPソフトを使ってindex.phpを移動して内容を修正
  3. 正しく変更できているか確認

WordPressの設定を変更

まずはWordpressの「設定」→「一般」とクリックします。

表示された画面のうち、以下の2つの入力欄のうち、サイトアドレスのURLから「/wp」を削除します。ここでは「/wp」をインストールディレクトリと仮定していますが、あなたが設定したディレクトリ名を削除して下さい。あとは下の方にある保存ボタンを必ず押してください。

WordPressでの設定はこれで終了です。

FTPソフトを使ってindex.phpを移動して内容を修正

続いてはWordpressをインストールしたディレクトリ内のファイルを移動させて書き換えます。この操作はFTPソフトを使っての操作が必須となります。

フリーのFTPソフトはいくつかありますので、好きなものを選んで使ってください。何にしたらいいか迷っているあなたには「FileZilla」をオススメします。

直感的に使いやすいです。インストールはこちらから。
FileZilla – The free FTP solution

FTPソフトを使って以下のディレクトリに移動します。そのディレクトリ内にあるindex.phpというファイルを自分のパソコンにコピーしましょう。コピーが完了したら、サーバー上のファイルは必ず削除しましょう。

いきなり移動させてしまうと、後で問題が起きた時に元に戻せなくなる可能性があります。そのため、一旦パソコンに元のファイルを残しながら作業した方がいいですよ。

パソコンにコピーしたらテキストエディタで開きます。Windowsの場合はメモ帳などで開くことができます。

開いたら以下の行を探しましょう。

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

これを次のように書き換えます。

require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

変更点は「/wp」が増えただけですね。繰り返しになりますが、「/wp」と書きましたが、これはWordpressのインストールディレクトリを意味します。もし違うディレクトリ名にインストールしていたら、そのディレクトリの名前を書きましょう。

変更して保存したら、あとはこのファイルをサーバーにアップロードするだけです。ただし、アップロードする場所が変わりますので要注意です。

具体的には、以下のディレクトリ内にアップロードしましょう。

/home/<ログイン名>/<ドメイン名>/public_html

サイトをいろいろ更新した後だと、ここで「.htaccess」というファイルも一緒に移動させなければなりません。でも、サイトを作って一番最初にこの操作をすれば、この.htaccessファイルは存在しません。

正しく変更できているか確認

最後は設定が正しく出来ているかの確認を行います。

WordPressの設定のサイトアドレスに記述されているURLを直接検索してみます。正しくホームページが表示されれば完成です。

もし表示されない場合は、index.phpファイル内で修正した内容が間違っていないかどうか確認してください。スラッシュ(/)の位置が間違っていたなんてミスは良くあるミスです。

常時SSL化したhttpsサイトを絶対に表示させる

手順の流れは以下のようになります。

  1. サーバーで常時SSLの設定
  2. バックアップ用のプラグインをインストールしてバックアップ
  3. WordPressの設定を変更
  4. サーバーから.htaccessを修正
  5. httpsになっているか確認

サーバーで常時SSLの設定

ドメインの取得は特に何も考えずに取得します。その後、サーバーでドメインを登録する際にSSLの設定を行います。

ぼくはサーバーにエックスサーバーを使っています。このエックスサーバーであればドメイン登録時に自動で常時SSLの設定を行ってくれる機能があります。

もしあなたがまだサーバーを選んでいないのなら、このエックスサーバーを使うことをオススメします。登録はこちらから→https://www.xserver.ne.jp/



バックアップ用のプラグインをインストールしてバックアップ

設定を行う前にまずバックアップを取ることをオススメします。ぼくがこの設定を行った時は全く問題なくスムーズに終わりましたが、万が一のことを考えてバックアップを取りましょう。

方法は簡単です。まず「BackWPup」というプラグインをインストールします。

インストールしたら有効化します。Wordpressの左端のメニュー欄から「BackWPup」をクリックして「ダッシュボード」を選びます。

その後、「1クリックバックアップ」のボタンをクリックすれば完了です。インストール直後のWordpressであれば一瞬でバックアップは終わるはずです。

ちなみにバックアップはブラウザで設定したダウンロードディレクトリに保存されています。

WordPressの設定を変更

バックアップが完了したらいよいよWordpressの設定を修正していきます。そうは言っても、WordPressインストール直後であれば修正箇所はたったの2か所です。何も怖くありません。

WordPressの「設定」→「一般」とクリックします。

表示された画面のうち、以下の2つの入力欄のURLをhttpからhttpsへ変更するだけです。あとは下の方にある保存ボタンを必ず押してください。

このWordpressの保存を確実に行っておかないと、正しいURLが検索エンジンで認識してもらえないので要注意です。

ぼくはこの設定でおそらく保存を押していなかったため、後から苦労しました。詳しくはこちら。

サーバーから.htaccessを修正

最後の設定は.htaccessというファイルを変更します。これは確実に行わないとエラーが出てサイトが表示されなくなるので要注意です。そうは言っても変更することは数行追加するだけですので、コピー&ペーストで終わります。

まずはサーバーから.htaccessを変更します。ぼくはエックスサーバーを使用しているので、サーバーパネルから変更することが出来ます。

サーバーパネルのホームページのカテゴリから.htaccess編集を選択します。

編集は以下の文字列のうち、〈あなたのサイトのURL〉をhttps形式のURLに変更して貼り付けるだけです。一度メモ帳に貼り付けて修正することをオススメします。

〜〜〜〜この下の行から〜〜〜〜
Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ 〈あなたのサイトのURL〉 $1 [R=301,L]
〜〜〜〜この上の行まで〜〜〜〜

貼り付けたら「.htaccessを編集(確認)」をクリックして完了です。

httpsになっているか確認

最後にやるべきは、本当に修正が完了しているのかを確認することです。この設定が正しく出来ていれば、https://<ドメイン名>/に飛ぶはずです。

ちなみに以下の全てが自動的に新しいURLへ転送されます。

  • http://<ドメイン名>/
  • http://www.<ドメイン名>/
  • https://<ドメイン名>/
  • https://www.<ドメイン名>/

まとめ

WordPressの設定をサイト開設直後に行えば後は記事を書くだけです。一見面倒臭そうに見えますけど、やることは簡単ですので手順に沿って変更しましょう。

また、この設定の順番は最初にインストールディレクトリとルートディレクトリを分けてから、次に常時SSL化することをオススメします。

スポンサーリンク