こんにちは、タニーです。ぼくはブログをアウトプットのツールとして使うことを目的の1つとして始めました。ブログを始めて3ヶ月以上たちましたが、いくつか勘違いしていたことに気づきました。

天の声天の声

ようやくか……

解決策を含めて、まとめていきたいと思います。

勘違い1:ブログを始めたらアウトプット出来るようになる

圧倒的に間違っていることはこれでした。自分が知っていること、体験したことをアウトプットすることでアウトプット力が高まると思っていたのです。

はっきり言ってアウトプット力はつきません。

アウトプット出来る人は、そもそもブログを使わなくてもアウトプット出来ます。SEOに有利と言われる2000文字以上の文章を作ることがそもそも出来る能力がある人のみが続けられます。

ぼくは2日に1つ記事を公開しています。確かに、50記事くらいは言いたい事があるかもしれません。でも、それを出し尽くした後はこれと言ったネタもなく、書くことに困るようになります。

よく考えたら当たり前のことですよね。出刃包丁を買ったからといって魚が捌けるようになるわけではありません。あくまでも、魚を捌くツールを手に入れただけの話です。

ブログも同じで、アウトプットするためのツールを手に入れただけです。アウトプットする能力が手に入ったわけではありません。

多くのブロガーが始めて一年以内にリタイアするのも、これが原因ではないかと思います。

どんなにモチベーションが高くても、書く事がなければ続けることはできません。そのうち日記のようになり、日記の更新も途切れ始め、気づいたら何も更新しなくなる。そんな流れは簡単に想像できます。

勘違い2:記事を読んでもらえる

自分がブログで伝えたいと切に思って書いた記事が読まれることはほとんどありません。

ぼくはこのブログで特に仕事で悩んだ時の解決策をアウトプットしたいと思っていました。そんな記事を鼻息荒く書いていたわけですが……今現時点でほとんど読まれることはありません。

仕事の悩みなんてジャンルは誰もが簡単に思いつく内容だと思います。そのため、アップされている記事がとても多いんですよね。

その中で、誰かが検索サイトからアクセスしてくれる可能性なんてほとんどありません。アクセスが集まらなければモチベーションも上がらず、さらに収益にも繋がらないため、さらにやる気がなくなっていきます。

勘違い3:ブログを始めれば簡単に稼ぐ事ができる

「ブログでは簡単に稼ぐことは出来ない」という記事はググればたくさん出てきます。もちろん、頭では分かっているつもりでも、本当は分かっていませんでした。

少なくともぼくは、なんだかんだ言って月収1万円くらいなら3ヶ月くらいで達成出来るだろうという甘い期待を持っていたようです。

そもそも PVが少ないのでGoogleアドセンスは期待出来ず、ASPも稀にリンクをクリックしてくれる人はいても購入まで進む人はいません。

報酬千円で10人くらい成約してくれたら簡単に1万くらいすぐ達成だと思っていましたが、そもそも10人もクリックしてくれません。

もちろん、アフィリエイトが未熟であることは自明ではあるんですけども、こう、淡い期待を抱いていたわけです。

それではどうやって勘違いを正していけばいいのでしょうか。

解決策1:アウトプットの練習をする

アウトプットの練習をするなら、このゼロ秒思考が効果的です。

人は本来頭が良いという優しい言葉から始まります。ただ、社会生活の中でその能力が活かせなくなっているという問題点を指摘し、どのようにすれば「深く考えられる」ようになるのか、具体的な方法を示しながら教えてくれます。

絶滅しなかった動物であれば、瞬時に物事を考えて判断する能力があるという、非常に納得できる話をベースに、ゼロ秒で考えようという展開がされています。

はっきり言って、この方法を試すことでアウトプットのトレーニングを簡単に行うことが出来ます。

解決策2:PVや収益を見る暇を作らない

PVや収益を気にするということは、それだけ時間が余っている証拠です。その時間がなくなるくらい別のことに使えば良いわけです。

例えば、次に作るブログの構成を考えるとか、上に挙げたゼロ秒思考を試してみるとか、新しい記事を考えるとか。

ゼロ秒思考を試してアウトプットをして、またゼロ秒思考を試してアウトプットをして……というループを行うと、頭の回転がびっくりするほど上がります。

そうすれば、ピザや収益を気にする時間もなくなるくらい、アウトプットしたい!インプットしたい!と感じるはずです。

まとめ

ゼロ秒思考の著者赤羽さんは、アウトプットは訓練次第で簡単に出来るようになるとおっしゃっています。

ブログが続かないから諦めようではなく、アウトプットのトレーニングを行ってバンバン記事を量産していきましょう。

スポンサーリンク