こんにちは、タニーです。以前、ブログを書いてもアウトプットの練習にならないという記事を書きました。ぼくの中ではこの考えはかなりしっくりきていたのですが、特定の条件下でこの傾向が強い事が気づきました。

とにかく、アウトプットはカタチに拘らずどんどんすべきです。でもこの「カタチに拘る」という雑念が原因で効率よく出来ていないわけです。

その雑念って一体なんなのか、どう払拭すべきかを忘れないように書き留めておきたいと思います。

ブログはSEOを気にしないといけない

ブログはこのSEOが全てですよね。検索上位に来て欲しいという雑念から、文字数は2000文字以上じゃなきゃいけない、タイトルに2つ以上のキーワードを入れなければいけない、誰かの役に立つ記事にしないといけない、タグは適切に設定しなければいけない、画像はうんたらかんたら、内部リンクはばんばん設定して外部リンクは気をつけろ、などなどとにかく面倒臭い。

自分が気づいたことを簡単にアウトプットするだけでこれらを考えるのは非常に面倒です。こんなことを考えなければいけないと考えてしまうので、ブログが続かなくなります。

そんなことは全て無視。自分の言いたいことを書いてそれで終わりにしましょう。あれしなきゃいけない、これしなきゃいけないということはとにかくストレスにしかなりません。

いやいや、それでもSEOを考えると……という場合は、アウトプット用のブログを立ち上げるべきです。今のブログに思いつくままアウトプットすることを躊躇するのは別におかしな事ではありません。

SNSは周りの反応が気になる

ツイッターやフェイスブックを使えば、簡単にアウトプットする事が出来ます。しかもブログよりも軽いノリでアウトプットする事が出来ますので、ハードルはかなり下がります。

それでも、これまでのキャラと全く違うことを言い始める事に対する抵抗感ってあると思います。SNS上だけのフレンドであればなんとかなるかもしれませんが、現実の友人や同僚などが見ることを考えると面倒ですよね。

別アカを作ってもわざわざアカウントの切り替えをしないといけないというのもより面倒な事になり、結局やらなくなってしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

さらにクソリプに遭遇してイライラすることもあるかもしれません。SNSは便利な反面、匿名性の問題がどうしても付きまといます。

紙に書く場合は少しルールを決める

最も手軽ですぐに出来ることは紙などにとにかく書くことではないでしょうか。もちろん、手元に筆記用具とメモ帳などの紙媒体がないといけないという制約はありますが。

ただ、紙の場合はルールが決まってない事が原因で内容に統一性がなくなるという問題があります。後から見直して何のことを書いているのか、何をしたかったのかが分からないとただゴミを量産するだけです。

この辺りについては、ゼロ秒思考という考え方が有効になってきます。これはとある本の考え方ですが、紙に書くアウトプットの方法を具体的に教えてくれます。

ツイッターなどの場合は、ツールそのものにルールが設けられているため、この点は気にならないのではないかと思います。

雑念の払拭方法

これらの雑念を払拭させる方法は簡単です。

それは、アウトプットが出来た場合に訪れる未来を想像することです。それによって得られる新しい人間関係を考えます。

これまでのブログの読者やSNSで繋がっている人たちがその新しい未来に登場しないのであれば、その人たちは無視しましょう。

なぜなら、今の関係が理想の未来に繋がらないからです。結局理想の未来が叶えられたら、今繋がっている人たちを切らなければならないので、それが今なのか少し先なのかの違いだけですよね。

まとめ

何かを行う事に対して抵抗を感じているのなら、それを取り除くのが一番楽です。その取り除く行為そのものに抵抗を感じるかもしれませんが、それによって得られる未来と天秤にかけて、未来を取るのであれば何も気にする必要はありません。

自分の思うことを思うように行いましょう。

スポンサーリンク